仕事をしながら、食べづわりとの付き合い方


私は妊娠発覚時期から食べづわりに悩まされていました。


家にいるときは何かすぐに口にすることが出来るのですが、仕事をされている方だとそれもなかなか難しいと思います。


食べづわりが続いた期間は妊娠発覚の初期から中期にはいるころまででした。


家では家族のサポートなく、空腹を避けるように何か口にしていれば大丈夫だったのですが、職場となるとそうはいかない場合もあります。


デスクワークの場合だと、多少は自由に食べ物を口にすることが可能かと思いますが、接客業の場合などはそうはいかないと思います。


私はまず職場の周りのスタッフに食べづわりである事を説明し、理解して頂きました。


そして、特別に職場のすぐ手の届く場所に飲み物を置かせてもらい、口にすることで空腹を避ける事で食べづわりを乗り越えました。


食べづわりで1番気になるのが体重の増加です。


好きな物を好きなだけ食べていては体重が増加するばかりなので、渡しはノンシュガーでカロリーオフの炭酸水を口にして食べづわりを和らげていました。


炭酸水なので満腹感もある程度得られますし、炭酸なので口の中がさっぱりする効果もありました。


ノンカロリーなので体重の増加も抑えることが出来たのでとても良かったです。

メニュー